情報の扱い

スパナーで直す

インターネット時代における誹謗中傷対策のために、まずは個人情報の取り扱いには十分に注意する必要があります。個人情報、名前や住所、勤務先、家族情報など、このような情報を、信頼関係がまだ構築できていないような人に知らせるのは危険だと考えるべきでしょう。ただし余り神経質になることで、逆効果になる場合もあるので、注意が必要です。信頼できない人間を見極められるような目を持つことが大事と言えるでしょう。日常的に他人の悪口を言っている人は問答無用で信頼できませんが、一見人畜無害そうに見えても、やたらと個人情報の取り扱いに気をつけているような人も怪しい傾向にあります。そのような人はネットで匿名で悪口を書いていることがあります。個人的な誹謗中傷対策とは、まずは個人情報の取り扱いに気をつけることと、後は人を見る目を養うことです。

誹謗中傷対策の考察をしていますが、個人情報の取り扱いや、他人とのコミュニケーションスキルを磨く上で重要なことがあります。それは日々高めていけるものであるということです。逆に言えば、最初から完璧にやることは考えるべきではありません。失敗しても、日々のフィードバックを大切にし、少しずつでも確実に成長していくということが大切なのです。これは誹謗中傷対策にもいえることで、何度かは失敗してみるのも良いと思うのです。誹謗中傷される悲しみや苦しみは、人生の中には必要な体験と考えることもできます。辛さがわかれば、他人にそれをしようとは思わないはずです。それに取り返しのつかない失敗などそれほどはありません。余程調子に乗って凶悪な犯罪でも犯さない限りは、人生取り返しがつくものと思われます。今は以前よりも世界が身近にありますし、その気になれば日本から脱出するという方法もあるのですから。